2020年05月23日

休みます

今回はチャレンジ休みます。

暑くなったと思ったら、ここ数日は寒いです。
布団をしまったのに困りました。
コロナが怖い時期に体調を崩しやしないかとビクビクしています。
posted by 桂 at 21:34| 日記

2020年05月20日

NO.17

rakugaki-cross200520.png

<クロスオーバー>
ムーピーとペニワをらくがき。

「IT」の小説を読んで、
ペニーワイズは、手塚先生のムーピーと似たようなもんやなと
思ったので。
ムーピーは人を喜ばせるために姿を変える。
ペニワは人を怖がらせるために姿を変える。

ペニワは、映画等ではクラウン姿が有名だけど、
原作を読むと不定形なんです。
しかも性別は実は女。
映像では男優が演じていますし、男なんだろうなあなんだけど(ーー;)。
だから、ペニーワイズの女体系のフィギュアが出るらしいけど、驚かない。

ところで手塚先生は、ムーピーが人間の姿になる時は女性姿しか描いていませんでした。
ITも女。共に作者が男性だから、個人的にはちょっと考えさせられるかなあと。
タグ:2次創作
posted by 桂 at 22:58| 水土チャレンジ

2020年05月19日

ついに来たか

自分が遊んでいるソシャゲの「アズールレーン」の話です。

ギルド任務のようなシステムが近々実装されるらしい。
単独プレイヤーには、天敵のシステムです。
顔も知らないプレイヤーと共同作業。
いい人に当たったらいいけど、そうでなかったらしんどそう。
それ以前に、ギルド系のコミュニティにはいっていません。
任務によっては入らないとあかんのかな(ーー;)。

ソシャゲではないですが、
他の分野で、ネット上で嫌な目にあったので、
正直言ってこのシステムは勘弁して欲しい。
なにかのトラブルが起きたら超面倒くさそう。
私がアズレンを続けているのは、現実逃避もあるのだから、
ネット上でも対人関係で悩むのはしんどい。

システムが実際にどのようになるのか、まだわかりませんが、
必須になるようだったら、アズレンは引退だろうなあ。
2年ちょいやっているし、アクナイの方が最近は面白い。
またお絵かきも再開しているので、
そろそろ潮時かなあとも最近は考えてはいます。

<追記>
「近々」と書きましたが、
すぐ直近というわけでもないようです。
本国の3周年記念の放送で話にでただけのレベルのようです。
しかし、サンプル絵もでているので、そんなに遠い未来というわけでもなさそう。
公式のツイッターのリプを読んでみると、嫌がっている人結構いますな。
公式では競争は薄めにするとは言っています。
実装されたとして最初はそうだとしても、次第に薄く無くなると思う。
恐らく、キャラの強さが月日を経て次第にチート化するのと一緒になると思う。




posted by 桂 at 23:43| ゲーム