2021年09月03日

毎日がホラー

現実は、小説よりも奇なり。
余計な知識が頭にインプットされているので、
毎日戦々恐々としています。
何回もこれがただの妄想だといいなあと思っています。
妄想ですよね?ね??





毎日救急車のサイレン音が何回も鳴り響いています。
ここ数ヶ月、異常な回数でね?

余計な知識を知るきっかけは、矢張り今回の某国大統領選挙ですな。
今やアメちゃん大統領は、ぶっちゃけただのアイコンと化していません?
ガワさえあれば、中身はなんでもええんやない??って感じ。
(注;私は前大統領のファンでもなんでもありません。)

そんなんで、お絵かきをするパワーが削られています。
なにそれ??絵を描くのにパワーいるの??

確かに絵を見るのは瞬間です。
ですが、絵を描くには、エネルギーがいります。
たとえどんなヘタレ絵でも、その時自分が持てる最高の力で描くとなると、
結構エネルギーを消費します。描き終えるとドッと疲れます。
「は?エネルギーを消費??」何それ??

「エネルギー消費」の感覚は、
絵を描いている人でないと、わかりにくいと思います。
多分、ネットに絵をアップしている人が絵を描くのをやめるのは、
こんなに自分が「エネルギーを使って」描いたのに
他の人に認めてもらえない。
それが辛くなり、描くのをやめるというのが多いのではないでしょうか?
まあ、描いた絵を他人に受け入れてもらうには、
独りよがりな想いだけではなく、自助努力も必要ですけど。

学生時代は卒論テーマを、シェイクスピアのリチャード3世と史実との違いにしました。
前にも書きましたけど、
シェイクスピアが存在していた時代のテューダー王朝ですが、
その始祖ヘンリー7世は、リチャード3世を破って国王になりました。
従ってシェイクスピアが、リチャード王をディスるのは当然なのです。
しかしディスり方は尋常ではないなあ。あれじゃあんまりだわ。
一方で、リッチモンド伯(ヘンリー7世)はキモいぐらいに持ち上げられています。
聖人君子かよッ!まあ歴史は勝者のものです。

先生に「シェイクスピアの時代に生まれていたら、本当のことが言えますか?」と質問されました。
その時はなんと答えたか、覚えていません。自分アホなので、多分偽善的回答をしたと思います。
しかし、今だったら、はっきりこう答えるでしょう。
「本当のことは、弾圧が怖くて言えません。」

現在起こっている事で特定のことを発言すると、
YTやツイッター等は規制がかかりやすくなっています。そして最悪バンされます。
それらの事象を追っている人ならば、お分かりかと思います。
私はチキンです、ビビリです。

今の世界は、いろいろとおかしいです。ホラー映画が現実になった気分です。
刹那的にゲームをやって気持ちを紛らわせています。
本当は、これではいけないと思いつつ。

あれ?自分は何を書いているんでしょうか?アホのつぶやきです。
わからなかったら申し訳ない。
posted by 桂 at 00:19| 日記