2020年06月29日

練習してみる

アップアップで、しんどいのですけど、
某動画を見て少しやる気が戻ったので、お絵かきの練習をそろそろ始めました。

とある某動画で、絵が上達する方法のやり方を紹介していました。
好きな絵師さんの絵を手本に魅力的な絵の描き方を勉強するという方法です。
なるほどと思いました。一種の2次絵的なやり方かもです。

今の自分ならば、本気でやったら上手くなれるかもと思いました。
2次絵を描きながら、
このマンガ家さんはこんな描き方をしているんだと発見する経験があったからです。

しかしあのやり方は、ある程度かける人向けの方法だと思う。
ある程度かける人ならば、基本的な描き方等わかっているはずだからです。
ですが、全くの初心者には向いていないと思います。

というのも、自分が目も当てられないぐらい下手な頃、
中途半端に好きなマンガ家さんの絵を真似て、
変なクセがついてしまったからです。
一旦ついたヘんなクセは、直すのが大変なんです。
そのために一番クセのない美術書の人体模写をしまくりました。
しかしながら、いざ自分のヘ・・・いや絵を描く時は、
頭には美術書の描き方が、ある程度インプットされていても、
体にしみついた長年のクセが、それをなかなか許してくれない。
どうしても手グセが出てしまいます。手グセのほうが「楽」だからです。
体に残っているそのクセの「データ」を書き換えるのに時間がかなりかかります。
今でも油断すると、時々出ます。

動画で、お絵かきの勉強方法が紹介されて、便利な世の中になったと思います。
才能がない人間にとっては、やり方に気をつけねばムズいですが。
才能が欲しかったなあ・・・(シミジミ)。


posted by 桂 at 00:00| 日記