2021年02月15日

そう言えばこんな講座あった

講●社フェーマススクールズ。

ある一定の年代の方なら、見たことがあると思います。
マンガ雑誌等の広告で、簡単な絵のテストがあり
それを餌に受講させるように仕向ける、アレです。
絵の通信教育の会社です。
かくいう私、昔々受講しましたが、途中で脱落しました。

真面目にやり通したら、少しは絵が上手くなれたのでしょうか?
全部成し遂げたら上手くなったのかな?

脱落してもテキストはとっておりました。
いつか参考にするかなと思ったからです。
結局、見返すことはありませんでした。
他の美術書等で十分事足りたので、存在すら忘れていました。

そんなんで不要になったので、廃棄することにしました。
捨てる前に中身をちらりと見ました。

あれれ、人体のこと、色の使い方などさわりしか書かれていないな。
これならばどちらにしろ副教材として、
さらに突っ込んだ内容の美術書を買わないとあかんなあ。
値段の割にはかなりお高いなあ、というのが今の私の感想。
え?お高い?
ズバリ言って高いです。
わたしがこの教材に支払った額は、うん十万でした・・・(ーー;)。

こんな値段ではなかったら、それなりに良い教材だと思います。
さわりの部分で満足できなかったら、本を自分で買い足せばいいことですし。

そして、この値段でプロになれるという保証があれば、
逆に超お安いと思いますけど、保証はありません。
ならば、通信講座ならばもっと安いものを受講すれば済むことだなあと
今ならば思います。

昔の私、超オバカちゃんだったので、
お高い教科書は素晴らしくて、そしてその教科書さえあれば、
お絵描きが上手になれると信じていたということです。

それ完全に間違っていますよ。
S・K・M
どなたかのセリフをパクリました、申し訳ないです(ーー;)。

冗談はさておき、完全に受け身的・いや待ち思考だったのです。
天から何かが降ってくる的な・・・というか、誰かがどうにかしてくれるというか。
完全に自分、アホでした。

上手くなりたきゃ、
自分でこれだ!!というお手本を探せばすむことです。
それで物足りなければ、学校なりで勉強すれば良いんだと
今は思います。
posted by 桂 at 18:42| 日記

2021年02月08日

色々と

本当にショックな時は、
意外と表面的には、「ショック!!」とは来ないものですね。
潜在意識にガツ〜ン!!と来るようで、
あとからジワジワと、
メンタルをやられている自分に気がつきます。

最近そればかりです。

また、業務上でとんでもないことが起きましたので、
なんだかとても疲れています。
本当に理不尽なことが自分の身に、
しかも仕事上で起こるとは思わなんだ。

そのような自分のストレス解消にやってる
ゲーム「アークナイツ」がイベント中です。
このゲーム、イベントばっかりのような気がする(^^;)。
今回は時間泥棒のイベントです。
どう時間泥棒かと申しますと、脳死周回作業ではありません。
頭使いすぎて、プレイヤーの理性の消費が激しくなります。
気がついたら、夜更かししてしまいました。
自分、パズル的なものが本当に苦手なんだなあ。

今のところは、それでも楽しいです(^^)。
このゲームの面白さを以下の動画で説明されている方がいらっしゃいます。
https://www.youtube.com/watch?v=hLkwjJGfzIw
私もほぼ同意です。

今回のイベントは、なんとか目標は達成できたので
そろそろお絵描きかな。
posted by 桂 at 21:46| 日記