2021年01月10日

状況が理解できない

私はバンクーバー・オリンピックあたりから、
マスコミを信用しなくなりまして、
その頃から、テレビをほとんど見ていません。

そして今、意味不明なことが世界で起こっているようです。
ネットの情報を、つまみ食い程度ですが、見ていると、
ハラハラドキドキ、または失望したり、いろいろなことが起こっています。
多分ここ1、2週間くらいで、明るみになってくるのかもしれないと、
期待しています。

このブログでは、政治的なことは言いたくないし、
またはつまみ食い程度の知識しかないので、
この程度で。

がらっと話は変わって、
アクナイは危機契約の予告がでました。
おっと、来たぜ、来たぜ。


posted by 桂 at 19:06| 日記

2021年01月03日

初詣

行ってきました。
朝早めに行ったので、人は少なかったです。
コロナの影響で、おみくじはひけなかった・・・。
仕方がないので、ネット上でひきました。

「吉」

いいのではないでしょうか。

年末に、山岸先生の「レベレーション」最終巻を読みました。
事前に他の方の感想で「泣いた」というのを読んだので、
多分自分は泣かないだろうなあと思いました。

というのも、泣く位だからどれだけ感動的なんだろうと
自分の場合、期待値がググッと上がるのです。
その結果、感動しないということが幾度とありました。

泣きました。

期待を裏切って、見事にボロボロ涙がでました。
ネタバレになるので詳細は語りません。
いいものを読ませていただきました。

蛇足ですが、シェイクスピアの史劇(ヘンリー6世)で、ジャンヌ・ダルクは登場します。
そこでは、ジャンヌは、淫売女としてボロクソに描かれているんです(ーー;)。
初めて読んだ時「ジャンヌ=聖女」でしかないと思い込んでいたので、
劇中のジャンヌのセリフが理解できなかったのを覚えています。

まあ、シェイクスピアはフランスと敵対していた英国人だし・・・(ーー;)、
英国人からすれば、まさに「魔女」でしょうねえ。
リチャード3世もそうだけど、自分の置かれた立場によって、
人の見方は色々変わるのですなあ。

ただいま、レタッチ絵を仕掛かり中。





posted by 桂 at 15:08| 日記

2021年01月01日

お正月

210101-hajime.png


明けまして御目出度う御座います。
本年も宜しくお願い致します。

年末は、扁桃腺を腫らしてしまいました。
疲れるとよくやらかします。
寝正月か?!・・と、焦りました。
このご時世なので、お医者さんに見てもらいました。
おかげさまで寝正月は回避しました。
というわけで、絵は急ごしらえです。
posted by 桂 at 15:00| 日記