2019年09月30日

鎮痛剤をなめとった・・・・。

鎮痛剤が合わなくて、救急車で運ばれる場合があると聞いて、
私はもしかするとマシな方?と焦りました。

うちの親が頭痛持ちのため、市販の頭痛薬を常用していました。
使用が習慣化されると、処方に書いてある薬の量では効かなくなるんです。
だから、処方に書かれている量よりも次第にたくさん飲んで、しのいでいたようです。
ただし、それがきっかけで体に異変が起きるということはありませんでした。

そんなのを見ていたので、鎮痛剤なんてたいしたことないや、
と舐めていました。

しかし、今回の自分のアレルギーのことで、つくづくそれがまずかったと反省しています。
薬は毒でもあるんですなあ、と改めて思い知らされた次第であります。
posted by 桂 at 18:07| 日記

2019年09月29日

rakugaki

rakugaki-jojo190924.jpg

最近久しぶりが多い。
描くぞ〜!!と波に乗ろうとすると、
やれ坐骨神経痛だ、薬害アレルギーだと邪魔がはいる。
薬害アレルギーの治療薬のせいか、体しんど・・。
とりあえず叫びます。
「坐骨神経痛のばかァァァ〜!!」

・・・・頼むから、描かせて下さいませ。
posted by 桂 at 23:10| オリジナル

2019年09月27日

あらゆる意味で「大吉」

坐骨神経痛の次は、薬害アレルギー。

2日前から、体全身に湿疹のようなものが出て、ムッチャかゆい。
かゆくて夜も目がさめる。坐骨神経痛で寝返りが打ちにくいため、
ただでさえ目が覚めやすい状況なのに、プラス痒みでさらに寝にくい。

様子を見てみるかと、今朝起きると顔が腫れていた。
まぶたの上がプク〜ときて、お岩さんのような顔になった。
そういえばお岩さんは、毒を盛られて面相がああなったんだっけ。

皮膚科に行ってきました。
ハウスダストとか、
体が弱っているので汗かぶれとかのせいかなあと予想していましたが、
大外れ。

先生は、坐骨神経痛の痛み止めや最近飲んだ鎮痛剤にこだわっていました。
私の薬の手帳にのっている痛み止めの処方箋をカルテに記入されていました。
はっきりとはおっしゃいませんでしたが、どうも薬害アレルギー臭い。
薬もある意味、毒です。

その上、私が3週間ほど飲んでいた座骨神経痛の痛み止めは、ジェネリックでした。
ちなみに、会社の産業医の先生はジェネリックには消極的です。
医者がジェネリックに否定的だったり、今回の自分の症状を考えると、
ジェネリックってどうよ?と懐疑的になります。

踏んだり蹴ったりです。今年は初詣で大吉でしたが、
「あらゆる意味」で大吉ですわ(ーー;)。

薬は怖いですねえ、と改めて思わされる出来事でした。

(追記)
ジェネリックの良し悪しはさておき、鎮痛剤は合う合わないがあるそうです。
整形外科の鎮痛剤と市販の鎮痛剤を交互に飲んでいたことが
ありました。
(たとえば、朝は、市販の方を飲んで、昼、夜は整形外科の方
理由としては、婦人科の痛みが酷かったので。)
それがやばかったのか・・・(汗)と思っております。
鎮痛剤は気をつけねば。
posted by 桂 at 22:01| 日記